スポンサーリンク

特別児童扶養手当などの所得制限を回避する方法

所得制限回避方法 節税・所得制限回避
この記事は約5分で読めます。

以下の記事で、特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の所得制限に引っかかる年収の目安を記載しました。

詳細な条件によって多少変動しますが、専業主婦/主夫の3人家族で年収約780万円を超えると、特別児童扶養手当の所得制限にひっかかります。

その所得制限を回避し、手当をもらいながらでも所得制限以上に収入を増やす方法を紹介します。

(文章力がなく少し怪しい書き方になってしまっていますが、違法なことではありません)

  • 節税で所得控除を増やし、所得を下げる
  • 所得制限の計算に含まれない収入を増やす
所得制限

所得制限回避方法

節税で所得控除を増やし、所得を下げる

特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の所得制限年収目安と節税対策
大体どれぐらいの年収であれば支給停止になる可能性があるか、各手当の所得制限の年収目安と節税対策をまとめました。

上記の記事でも記載したように、以下の金額を所得控除できます。

  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 小規模企業共済等掛金

雑損控除

雑損控除は自然災害や盗難などによって損失があった場合の控除となるため、利用できるケースは少ないと思います。

医療費控除

医療費控除も子供の医療費に関しては以下のような医療費助成制度があるため、利用できるケースは少ないと思います。

小規模企業共済等掛金

小規模企業共済等掛金は誰でもできて毎年控除される所得控除となります。

特別児童扶養手当などの所得制限を節税対策で回避する方法としては、主にこの制度を利用する形となります。

まだこの節税方法を利用していない方は、企業型確定拠出年金の個人負担での上乗せ(マッチング拠出)や、個人型確定拠出年金(iDeCo)を活用して節税することをおすすめします。

ただし、それでも年収数十万円分のみしか所得の上限は変わりません。

上記以外の所得控除は以下も参考に。

所得制限の計算に含まれない収入を増やす

株式等の譲渡所得や配当所得

ここからが本題です。

株式等の譲渡所得や配当所得は、特別児童扶養手当などの所得制限の対象となる所得には含まれません。

例えば極論ですが、以下のAさんは所得制限に引っかかり、手当は支給されません。

サラリーマンAさん:給与所得で年収1000万円

が、以下のBさんは所得は0円となり、所得制限未満となるため手当が支給されます。

投資家Bさん:給与所得で年収0円。株式等の譲渡所得や配当所得で年収1000万円

以下のCさんも所得制限未満となるため手当が支給されます。

サラリーマン投資家Cさん:給与所得で年収500万円+株式等の譲渡所得や配当所得で年収500万円

少し難しい話になるかもしれませんが、株式等の譲渡所得や配当所得は他の所得とは分離して課税される分離課税となり、証券会社で口座を開設する際に特定口座(源泉徴収あり)で開設すると、株式等の譲渡で利益が出た際や配当が出た際に利益の約20%が源泉徴収され、基本的には課税関係の処理はそこで終了です。(確定申告でさらに節税する方法もあります)

つまり、株の運用で1000万円の利益が出ようが、1億円の利益が出ようが、特別児童扶養手当などの所得制限の対象となる所得には含まれません。

ただし、株や投資信託での利益は分離課税となりますが、FXや仮想通貨(暗号資産)での利益は雑所得となって所得制限の対象となる所得に含まれるためご注意ください。

障害者扶養世帯における仮想通貨/暗号資産のデメリット
ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨(暗号資産)の運用において、特に障害者を扶養している世帯が意識しないといけないデメリットを記載します。

ポイントで節約

資産運用に抵抗がある方や投資にまわす資金がないという方は、PayPay経済圏や楽天経済圏でのポイントでの節約をおすすめします。

ポイントの税制上の扱いはまだ不透明な部分が多いですが、一時所得として扱われるケースが多いようです。

一時所得の場合、50万円分の控除があるため年間50万円までなら税金はかからず、所得制限の計算にも含まれません。

参考に、PayPay経済圏では以下のようなキャンペーンが定期的に開催されており、私も様々なキャンペーンを活用して年間数十万円分のポイントを稼いでいます。

2022年夏のPayPay祭り徹底攻略方法(7月編)
2022年7月1日〜8月31日まで、夏のPayPay祭りが開催されます。 お得にPayPayポイントを稼ぐための攻略方法についてまとめます。

まとめ

まず、iDeco等で小規模企業共済等掛金での節税をまだ行っていなければそれをやるべきです。

それに加え、まだ資産運用経験がない方は運用を始めてみることをおすすめします。

上記の例は極端ですが、年収が所得制限未満の頃に資産をため、手当をもらいつつその資産を運用して年間数十万円の利益を出すことは十分可能です。

我が家も特別児童扶養手当などを元手にNISAで運用しており、2022年は現在マイナスですが2017年からの累計で見ると約180万円の利益を出しています。

障害のある子供を扶養しているとお金がかかりますが、所得を増やそうにも様々な所得制限に悩まされることになると思います。

そのため、障害のある子供を扶養している親こそ、税金に関することや資産運用に関することを学び、積極的に運用を行うべきです。

ただし、当然ですが株式等での運用は常に利益が出るわけではなく損失が出ることもあり、投資は自己責任でお願いします。

おすすめ証券会社

証券口座開設キャンペーン

障害者が利用できる制度

特別児童扶養手当などの障害手当以外に、障害者が利用できる制度は以下も参考に。

障害者手帳取得のメリット・デメリット
障害者手帳の取得を検討されている方向けに、障害者手帳を取得した場合のメリットやデメリットを整理しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました