障害のある子供のための資産形成

資産運用
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

以下の記事でまとめたように、子供が20歳になるまでは年間約80万円の手当が受給できます。(特別児童扶養手当1級の場合)

子供の年齢ごとに支給される手当および障害年金まとめ
子供の年齢ごとの障害手当や障害年金の支給額目安をまとめました。

すでに受給されている方々は、このお金どうされていますか・・・?

我が家は、子供が大人になった後の生活費や介護費用にあてるため、全額「ジュニアNISA」で運用しています。

ジュニアNISAでは、子供が20歳になるまでの間、年間80万円を5年間分の合計400万円の元本分まで非課税で運用できるため、受給した手当を5年間毎年ほぼ丸々運用に回すことができます。

ただし、子供が18歳になるまでは払い出しできないのでご注意ください。

今回はジュニアNISAに関して整理してみます。

ジュニアNISAとは?

通常は、株や投資信託の値上がり益や配当金に対して約20%課税されます。

たとえば100万円の値上がり益があった場合、約20万円が税金で引かれ、実質約80万円の利益となります。

ジュニアNISAの制度を利用すると非課税となり、丸々100万円の利益となります。

ジュニアNISA以外にも通常の「NISA」や「つみたてNISA」もありますが、20歳以下の子供が利用できる制度はジュニアNISAのみとなります。

利用できる年齢

0歳〜19歳(1月1日時点)

口座の運用・管理者

親権者

非課税投資枠

年間80万円

非課税期間

5年間

5年経過後も20歳になるまで非課税で運用できます。

また、5年経過時に時価が80万円を超えていた分に関しても非課税で運用できます。

たとえば2020年に投資した80万円が5年後に100万円になっていた場合でも、100万円丸々非課税で20歳まで継続して運用でき、20歳時点で200万円になっていたとしても非課税となります。

投資可能期間

2016年〜2023年

現在の制度の場合は今年(2020年)から開始すると4年間分の320万円までしか投資できませんが、この先制度が改正されて期間が延びる可能性はあります。

この期間中に投資した金額は20歳になるまで非課税で運用できます。

払い出し制限

18歳になるまで払い出し不可能 (災害時等のやむを得ない場合を除く)

金融庁サイト

ジュニアNISA : 金融庁
ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。ジュニアNISAとは、2016年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。未成年者(0〜19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

何に投資すれば良い?

ジュニアNISAの非課税を有効活用するためには、リスクの大きいものに投資するべきです。

たとえば80万円を年利0.1%で運用した場合、利益800円の20%の160円分のみしか非課税とならず、ジュニアNISAのメリットを十分に活かせていません。

逆に年利5%で運用した場合は、利益40,000円の20%の8,000円分が非課税となります。

ジュニアNISAで投資できる5年間分の400万円に対しては、外国株や国内株、もしくは株式メインの投資信託などリスク資産への投資が良いかなと思います。

(追記)

ジュニアNISAの制度改正が決定しました。

NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの2024年以降制度改正まとめ
2024年以降のNISA制度の改正内容をまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました