スポンサーリンク

【iDeCo改正】iDecoかマッチング拠出どちらを選択するべきか?

iDeCoかマッチング拠出か 節税・所得制限回避
この記事は約3分で読めます。

今までは企業型確定拠出年金のマッチング拠出を利用していると、個人型確定拠出年金(iDeCo)は利用できませんでした。

2022年10月に改正確定拠出年金法が施行され、マッチング拠出を利用するか、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するかの選択が可能となります。

マッチング拠出の制度が導入されている企業にお勤めの方向けに、iDeCoとマッチング拠出のどちらを選択したほうが良いか、メリット・デメリットを整理しました。

また、以下でも紹介したように特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当などの所得制限対策にも影響します。

特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の所得制限年収目安と節税対策
大体どれぐらいの年収であれば支給停止になる可能性があるか、各手当の所得制限の年収目安と節税対策をまとめました。
  • iDeCoは、口座管理料がかかる
  • マッチング拠出の掛金は、会社側負担の掛金以下という制約がある
  • 企業型確定拠出年金の会社側負担の掛金が2万円未満の場合はiDeCoがおすすめ

企業型確定拠出年金導入企業でのiDeCo加入条件

  • 会社側の掛金が月55,000円以下
  • マッチング拠出を利用していない

現在マッチング拠出を利用している方は、マッチング拠出利用の停止を行えばiDeCoに加入可能となります。

iDeCoとマッチング拠出の比較

iDeCoマッチング拠出
各種手数料加入者負担会社負担
掛金上限20,000円以下
かつ
企業型確定拠出年金の掛金と合わせて55,000円以下
27,500円以下
かつ
会社側の掛金以下

各種手数料

iDeCo

以下の手数料が加入者負担となります。

タイミング手数料
加入時2,829円
掛金拠出時(毎月)171円
給付時(毎回)440円
移管時4,400円

マッチング拠出

会社負担となるため、加入者負担はありません。

掛金上限

iDeCo

企業型確定拠出年金に加入されている方の場合、iDeCoの掛金上限は2万円以下かつ、企業型確定拠出年金の掛金と合わせて55,000円以下となります。

たとえば、企業型確定拠出年金の掛金が5万円の場合、iDeCoには5千円しか加入できません。

マッチング拠出

27,500円以下かつ、会社側の掛金以下となります。

たとえば、会社側の掛け金が1万円の場合、マッチング拠出の掛金上限は1万円となります。

iDeCoとマッチング拠出どちらを選択するべきか

企業型確定拠出年金の会社側掛金が2万円以上の場合

マッチング拠出を選択

iDeCoの掛金上限が2万円までとなるため、マッチング拠出で2万円以上拠出した方が良い。

企業型確定拠出年金の会社側掛金が2万円未満の場合

近い将来に2万円を超えそうな場合

マッチング拠出を選択

iDeCoの場合口座管理料などの手数料がかかるため、マッチング拠出を選択した方が良い。

2万円超える見込みがない場合

iDeCoを選択

iDeCoの掛金上限が2万円までとなるため、iDeCoで2万円上限まで拠出した方が良い。

まとめ

以上のように、企業型確定拠出年金の会社側の掛金によって、iDeCoに加入するべきかマッチング拠出にするべきかが決まります。

おそらく大抵の方は掛金月額2万円以下となり、iDeCoを選択した方が良いのではと思います。

また、以下で紹介したように、iDeCoでもマッチング拠出でも掛金の全額が所得控除となり、特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当などの所得制限の計算から除外されます。

特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の所得制限年収目安と節税対策
大体どれぐらいの年収であれば支給停止になる可能性があるか、各手当の所得制限の年収目安と節税対策をまとめました。

たとえばマッチング拠出の掛金が月1万円(年12万円)の方の場合、マッチング拠出ではなくiDeCoに加入すると年24万円の所得控除となり、所得控除額が12万円分増えます。

お得な制度をうまく活用し、節税しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました