スポンサーリンク

PayPayカード・PayPayステップ改悪?改善?付与ポイントの変更および特典内容変更

PayPay経済圏
この記事は約5分で読めます。

2022年12月1日(木)から、PayPayカードで付与されるポイントの変更や、PayPayステップの特典内容変更があります。

その内容について整理しました。

PayPayカード付与ポイントの変更

ソフトバンク通信料等のPayPayカード特典付与対象の一部変更について|PayPayカード
いつもPayPayカードをご利用いただきありがとうございます。 このたび、2022年12月1日(木)より一部ご利用分のPayPayカード特典付与を以下のとおり改定いたします。改定後の内容は以下をご確認ください。 ■変更内容 以下記載の「■対...

変更点概要

PayPayカードで決済した際、特定の決済項目に関してはPayPayポイントではなく、ソフトバンクポイントでの付与に変更となる

対象決済項目

  • 通信料(スマートフォン・携帯電話の基本料金、通話料金、通信料金、SoftBank光・SoftBank Air等の固定インターネット回線のモバイル合算請求分)
  • 端末代金(割賦代金含む)、オプション等
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを介してのPayPay残高チャージのご利用分
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのご利用分のうち、通信料の明細に包括されるご利用分

ポイント付与率

通信料(スマートフォン・携帯電話の基本料金、通話料金、通信料金)

ソフトバンクユーザ1.5%
ワイモバイル、LINEMOユーザ1%

SoftBank 光・SoftBank Air等の固定インターネット回線のモバイル合算請求分

ソフトバンクユーザ1%
ワイモバイル、LIMEMOユーザ1%

その他

不明

肝心な、まとめて支払いによるPayPay残高チャージでの付与率は不明

PayPayカード付与ポイントの変更考察

PayPayカードを利用しているのに、なぜかPayPayポイントではなくソフトバンクポイントが貯まるようになります。(本当に謎です)

ソフトバンクユーザで元々ソフトバンクポイントを利用している人にとっては、ポイント付与率が上がるため改善となるでしょう。

ワイモバイルユーザは、ソフトバンクポイントに変わって貯まっていることを忘れないように注意が必要です。

付与されたソフトバンクポイントをPayPayポイントに変換することも可能ですが、無駄に一手間かかります。

また、まとめて支払いによるPayPay残高チャージのポイント付与率は不明となり、ここは要注意です。(おそらく1%かとは思いますが)

通信料の支払い先をPayPayカードではなく、普段利用している別のポイントが貯まるクレジットカード(楽天ポイントが貯まる楽天カードなど)に変更するという選択肢もありかなと思います。

PayPayステップの変更

12月以降のPayPayステップの条件変更について - PayPayからのお知らせ
いつもPayPayをご利用いただき、誠にありがとうございます。

変更点概要

  • 「対象サービス利用」特典
    • 廃止
  • 「PayPay支払い」特典
    • 決済金額の条件が5万円から10万円に増額
    • PayPayカードでの支払いも決済金額に加算

決済方法ごとの変更点詳細

PayPay残高払い

  • 「対象サービス利用」の+0.5%特典が廃止
  • PayPayカードと合わせて30回決済&10万円以上を達成している場合
    • 「PayPay支払い」特典変更の影響はなし
  • PayPayカードと合わせて30回決済&10万円以上を達成していない場合
    • 「PayPay支払い」の+0.5%特典が適用外

今までPayPayステップを全て達成していた人は、「対象サービス利用」特典分の0.5%が減少する。

さらに、PayPayカードと合わせて月10万円以上を利用していない場合は、「PayPay支払い」特典も適用外となり、合計1%分の特典がなくなる。

また、まとめて支払いによるPayPay残高チャージも、上記のPayPayカードの付与ポイント変更によりPayPayポイントではなくソフトバンクポイントに変更となる。

そのため、まとめて支払いによるPayPay残高チャージも合わせた合計最大付与率は、PayPayポイント1%+ソフトバンクポイント1%(不明)の合計2%となる。

(改悪前の合計最大付与率はPayPayポイント2.5%)

PayPayあと払い

  • 「対象サービス利用」の+0.5%特典が廃止
  • PayPayカードと合わせて30回決済&10万円以上を達成している場合
    • 「PayPay支払い」特典変更の影響はなし
  • PayPayカードと合わせて30回決済&10万円以上を達成していない場合
    • 「PayPay支払い」の+0.5%特典が適用外
  • あと払い特典の+0.5%が新設

合計最大付与率は、PayPayポイント1.5%となる。

PayPayカード

  • PayPayアプリと合わせて30回決済&10万円以上を達成している場合
    • 「PayPay支払い」の+0.5%特典が適用

合計最大付与率は、PayPayポイント1.5%となる。

(以前までの付与率はPayPayポイント1%であるため、改善)

PayPayステップの変更考察

一番お得な決済方法としては変わらず、まとめて支払いでPayPay残高チャージを行い、PayPay残高決済が一番お得。

ただし、「対象サービス利用」の+0.5%分が減少する。

また、PayPayカードと合わせて月10万円以上利用していない場合はさらに+0.5%が減少する。

逆に月10万円以上利用している場合はPayPayカードでも+0.5%増加となるため、以下の整理となる。

  • 普段PayPayカードの方が利用金額が大きい場合
    • カード利用で0.5%分が増えるので改善
  • 普段PayPayアプリの方が利用金額が大きい場合
    • 「対象サービス利用」の0.5%分が減るので改悪

以下で紹介したようなキャンペーンを活用し、改悪前にポイントを稼ぎましょう。

2022年11月PayPay経済圏攻略(全国旅行支援、超PayPay祭、花王キャンペーン、コミックフライデー)
2022年11月PayPay経済圏攻略方法を紹介。 全国旅行支援、超PayPay祭、超ペイペイジャンボ、コミックフライデーなどなど様々なキャンペーンがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました